卒業のご挨拶
 いらっしゃいませ!

 春は出会いと別れの季節です。
 でも、別れも見方を変えれば新たなスタートライン。これから違う景色がそれぞれに広がっていくはずです。
 同じ道を歩んだことを誇りに、新しい道を力強く歩んでいければいいですね!


 今日は技術部副部長の氏家からのメッセージをお届け致します

 ujiie

 お世話になります。
 技術部 氏家です。
 
 私事では有りますが、本年3月20日で嘱託の任期を終えて退職する事に成りました。
 
 西暦1984年10月1日の入社以来、29年6か月の長きに渡り(株)植松商会の皆様はもとより、各営業所のお客様内担当者様、また工作機械専任担当時代の工作機械メーカー様、仕入れ先様、近々では中国調達関係の製作工場更には仕入れ先様にも大変お世話に成りました。
 言葉では言い表せない位です。

 誠に有難う御座いました。

 
 今振り返ると、自分は(株)植松商会に何かを残せたか、またお客様や仕入れ先様にとって自分は存在感が有ったのかと疑問ばかりが頭に浮かんで来ます。
 更には就業時間内では当たり前の努力ですが、時間外での本当の努力をどれ位したのか等が脳裏を巡り、自分なりの反省ばかりが出て来ます。
 
 今後の事は現在のところ何も決めていません。
 毎日が日曜日と言う変化の無い日が続く予定であります。
 
 少し寂しくなると思いますから私のドレードマーク頭を町のどこかで見かけましたら声を掛けて下さい。
 現役の皆様方には今後増々のご活躍を祈念致しますと共に、お世話になった多くの会社様増々のご発展ご繁盛を祈念して(株)植松商会卒業の挨拶と致します。
 



 長年に渡り様々な面から植松商会を支えてくれた氏家。
 私たちはあなたから教えて頂いたことを忘れず、御期待に沿えるようこれからも邁進してまいります
 本当に、本当にありがとうございました!


 明日は日曜日恒例のモノづくり情報です
blogram投票ボタン ←ブログランキング参加中! よければクリックして下さい。
0
    | 技術部:氏家 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    『電子』と『メカ』の違い
     いらっしゃいませ!

     今日はかの有名な忠臣蔵、赤穂浪士の討ち入りの日です。
     日本も様々な紆余曲折があって今日に至ります。
     そして私たちも歴史の上に立っています。
     自分たちで未来をつくっている、ということをぜひ誇りに思いたいですね


     今日の担当は技術部の氏家です

     ujiie

     技術部・氏家です
     
     2013年もいよいよ年末が近づきました。
     皆さん年初に考え思い描いた事への進度はどうでしょうか?
     
     私は進んだ点、また進まない点が混在状態です。
     
     伝達−5後の単独でお客様訪問の中で、アッセンブリメーカーさんは業界問わず動きが見られますが、工場の設備投資から来る装置関係(単品加工)が今一つと感じています。
     しかしその動きもお客様の話から聞こえる様になりましたので新年をプラス思考で思い描いて見たいと考えています。
     
     
     さて、継続の古いメモから学ぶは『電子』と『メカ』の違いで終わりとします。
     
    電子とは
     現在では理論が体系つけられて大きな発展をして来ました。今後も更なる発展をすると言われています。電子は理論知識の主導性があり、理論どうりに展開出来る特徴を持ちます。
     
    メカとは
     勘と経験そして豊かなアイデアを必要とし、理論どうりに進まない特徴があります。更には一つ一つの要素を根底より追って行く根気も必要で、今の仕事にピッタリしたマニュアルが無いのが普通です。
     
    現代は
     からくり人形に代表される根気のいる「メカ」より、理論どうりの「電子」が好まれる傾向にあると思います。広い意味で電子に強くメカに弱い人材が多くなっていると思うのは私だけでしょうか?
     (知識のない者には電子も中々の難物である事も事実で〜す!!)
     
     やはり現在不足しているのは知識より知恵、大金を掛けた大掛かりな制御に比較し古い方式のメカ制御で同等の事が出来ると考えると、別の打ち手が取れるのではないかと考えます。
     更にこじつけて考えると、営業は理論どうりに事が運ばない事が多い。利用する電子機器は勝手に発展し、便利で効果的になり今後も発展しますが、一方営業のメカ部分は自主的に磨きを継続しないとすぐ錆びてしまう。
     従って会社内では先輩から後輩への営業技術の伝承が大切になると考えます。
     
     物造りも勿論メカだけで全てが完成する事は少ない。合わせて流体的、電気的な現代要素知識もプラスされ完成されます。
     こんな事から様々な意味を含めて、『製造も営業も今も昔も基本は同じ』と言う言葉に戻る、と私は考えていますが皆様はどうでしょうか?               
     
     ・・・継続テーマを終わります




     変わり続けるものもあれば、変わらないものもあります。
     モノづくりの形態は時代とともに変わっていますが、そこには昔から変わらないものもあるんですよね!
     時代に踊らされることなく、確実な基本の上で「未来」をつくっていきましょう


     明日は管理人より当社の情報をお届け致します
     今日・明日も何かとお忙しいでしょうが、休日をしっかりと満喫して下さいね
    blogram投票ボタン ←ブログランキング参加中! よければクリックして下さい。
    0
      | 技術部:氏家 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      人間行動の有効化
       いらっしゃいませ!

       先日、沖縄が梅雨明けしたそうです。
       まだ東北は梅雨の入り口に立ったくらいの所。狭い日本とは言え、不思議な感じがしますね〜。
       色んな温度差がありますが、東北も早く「あつさ」を感じられたらいいですね


       さあ、今日は技術部の氏家が担当致しますよ

       ujiie

       技術部・氏家です。
       
       もう今年も半分を過ぎ様としています。早いですね!
       最近雨が少ないですが気温が上がってるので草花の成長が早く、十数株有る芍薬の花も一気に開花もう終わろうとしています。
       私的には開花も自然に数日ずれれば長く楽しめると思いながら、今度は昨年駄目でしたが今年は津波に負けず咲き始めたさつきの花(好月&山の光)を眺めています。
       
       さて本題に入りますが、お客様を訪問する中でアベノミクスと言われる事の影響か?少しは雰囲気が良くなって来たなと感じられる様になりました。
       皆様はどうでしょうか?
       6月現在ではアベノミクスへの不安も報道されて来て気になるところですが?
       
       
       今回も話題不足から昨年に引き続き、古いメモから学ぶを後2回続けさせて貰います。
       テーマは『対応する社会情勢の中で我々は何をすべきか』と言う事ですが、やはり『基本は今も昔も同じ』
       やるべき内容が変化するだけと思います。
       
       メモ当時の問題点として
       ・生産性が低い  ・新商品の開発が弱い  ・仕事の価値観の変化
                                    ・・・などが上げられていました。

       対応点としては
       ・見験拾のコスト圧力  ・成長の道を閉ざされた  ・値上げは望めない
                                    ・・・などが上げられていました。
       
       現在の社会情勢も厳しく、同じではないでしょうか。
       大きな対応策としては、東日本大震災以後テレビ等の報道では対エネルギーと資源の有効活用が目に付きます。

       しかし古いメモでは合わせて『人間行動の有効化』が続いています
       
       企業間競争では
       今までは「力が強い」「声が大きい」「汗まみれ」「油まみれ」「片手に弁当」「片手に油さし」「一時も休まず動いている」、そう言う人が多くいる企業が伸び、また巨額の投資をした企業が伸ばしたと言われています。
       
       今からは「知恵と努力で小さな改善でも多く出せる企業」
       皆で自分の職場を管理(自主管理)出来る企業が伸ばせる、我々一人一人が出来る事を有効化する。
       人間の働く価値を高めるのが生産性の向上、人の持っている能力を生かし仕事をもっと生きがいの有る仕事にみんなで改善しましょう!!

       また、生き生きとした営業活動が我々の最大のサービスと捉えると、『人間行動の有効化』へ何かの打ち手が各人出て来る、と考えるのは古い人間だけでしょうか?


       内容が固い物になりました。
       嫌わずに何か賛同出来る事が有れば行動して見て下さい

                       ・・・次回につづく
       




       知恵、つまり今の言葉でいう「カイゼン」もそこに含まれます。
       工夫に終わりはありませんし、工夫して成果が上がらなければまた元に戻せばいいんです。
       様々な角度から知恵をを出し、より高効率菜なお仕事をしていきましょう


       明日は先週に引き続きメーカー情報をお届け致します
       今が絶好の機会!・・・というものをご紹介 見て下さいね。
      blogram投票ボタン ←ブログランキング参加中! よければクリックして下さい。
      0
        | 技術部:氏家 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        新年の御挨拶:氏家
         いらっしゃいませ!

         長かった9連休も今日で終了ですね。
         いよいよ明日から2013年のお仕事が始まります。
         きっと心身ともに充電したのではないでしょうか?
         そうでない方も今日はしっかりと明日からに備えていって下さいね


         今日は技術部の氏家から新年の御挨拶をさせて頂きます。

         ujiie
         
         技術部氏家です。
         新年明けましておめでとう御座います。
         

         昨年末は、自分の不注意から長期にわたり会社を休んでしまいました。
         改めて良い事、悪い事の分かれ道は何時でもすぐそこに有ると知らされました。
         (頭では分かっていたつもり?ですが…)
         皆さんも注意しましょう。
         

         今年は巳年、干支の巳様は実を結ぶ年とも聞きます。
         
         私もここ数年伝達という形の中で”種まきの切っ掛けつくり”をしたつもりです。
         エンドレスの行動ですが皆さんも昨年までより多くの種を蒔いて来たと思います。
         
         私の少ない家庭菜園の経験からですが、”蒔いた種は、みな生えます”
         ただ後の育成管理を楽した時は駄目!育ちません!
         
         仕事で考えると自主的に蒔かれた種は一人一人違います。
         自分で育成管理するしか有りませんが、その積み重ねはやがて独自のノウハウとして実を結び、一つの人間力要素になると私は考えます。
         
         今までに”蒔いた種を自分に徳、会社に徳、お客様に徳、となる実を結ぶ”一年になる様に今年もお互いに頑張りましょう!
         
         今年も宜しくお願いします。




         種はやがて芽が出、花が咲き、やがて実をつけます。
         いかに土の中に眠っている間や小さい目の時に手をかけられるか、ですよね
         みんなで大きな実をつけるためにも、地道な努力を積み重ねましょうね


         明日は営業推進部の菅原からの新年のご挨拶をさせて頂きます
         宜しくお願い致します。
        blogram投票ボタン ←ブログランキング参加中! よければクリックして下さい。
        0
          | 技術部:氏家 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          時代を先取りする商品の開発
           いらっしゃいませ!

           連休の中日の今日、皆さんはどこでこのブログをご覧になっていますか?
           最近はスマートフォンで見られている方も多いようですし、便利な世の中になったものですよね
           自分が作ったものが時代をつくるような、そんなモノづくりをしてみたいですね!


           今日は久しぶりに技術部の氏家が担当致しますよ

           ujiie

           お世話になります。
           技術部・氏家です。
           
           古いメモの中から現代にも通じる?、更には我が社も既に推進していると感じる内容が有りますので紹介したいと思います。
           (無理やりに)

           
           基本の言葉は『今必要なのは知識より知恵』
           サブとして今回は“商業と工業の利益は何が違うのか”をテーマに上げます。
           
           様々な内容の事に当てはめて、工場の現場改善で使用された言葉です。
           判り易い例として、製造現場では利益には「商業の利益」「工業の利益が有る」と教えらました。
           
           弱小メーカーは、数量が多く売れるメーカーには儲けでは負ける。数が売れなくとも儲けるには、“時代を先取りする商品の開発”が必要で有り、全社員に新しいアイデアや改善の提案を要望されました。
           当時は私も「そんなこと知っていれば既に誰かが実施している」とうそぶいて過ごして来ました。
           
           しかし2012度の我が社の中でその動きが出たと感じるのは私だけでしょうか?
           
           営業の皆様におこがましいのですが、確認として、商業の利益は全社員鋭意努力していますので省略します。
           
           工業の利益は[売価]−[原価]=[利益]です。
           
           当然身近な機械加工品でも価格(売価)は工場が決められる様で決められないのが現実、厳しい事ばかりでなく発想の転換で我が社も工業の利益に近い『新商品の開拓』を全社員に求めていると思います。
           
           任に当たる担当者の問題では有りません!!
           みんなの問題です。
           
           現在有る物は様々な手法や知識で探し出せるが『時代を先取りする独創的な新商品』は知識よりみんなの知恵を出し合い開拓しましょう!!と言う営業本部方針と理解しますが? どうでしょうか?
           違う場合は指摘下さい
           
           
           ・・・次回につづく





           世の中には売れる商品もあれば、そうでない商品も星の数ほどあるものです。
           しかし、同じ商品でも皆で知恵を出し合い、その上で生まれたものであれば、絶対に失敗はないはずです!
           皆で知恵を絞り合い、より良い製品を世に送り出していきたいですね


           明日は毎週日曜日にお届けする「モノづくり情報」です
           今回は金属、樹脂と並ぶ素材「セラミックス」について掲載しますね。
          blogram投票ボタン ←ブログランキング参加中! よければクリックして下さい。
          0
            | 技術部:氏家 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            独創力を磨け
             いらっしゃいませ!

             あなたの長所・短所ってなんですか?
             生まれ持って話し上手の人もいれば、手先が不器用な方もいます。
             でも、人それぞれ良い所はあり、自分だけの個性なはずです!
             誰かを羨むのではなく、良い所を伸ばして「強み」にかえていきましょうね


             さあ、今日は技術部の氏家からの若い営業マンへのメッセージです

             ujiie

              技術部氏家です。
             
             先回(3月)に引き続き、独創力をテーマとします。
             
             我が社の多くの社員は営業担当で、我が社の檜舞台で活躍しています。
             日頃はお客様と1対1での商談が主体であり、助けて欲しいと思う時でも“誰も助けてはくれない”現場環境に置かれています。
             自分の考えるアイデアで、“今ベストの判断(回答)”をしているのが実態です。
             机上の計算では有りません。その現場で今ベストの判断(回答)をする。その事が営業として存在感&価値判断されます。
             従いまして、日頃から営業担当者は特に独創力を磨く必要が有ると考えます。もちろん持って生まれる場合も有るとは思います
             

            1、独創とは(当面の問題を解決する為に)
             ヾに持っている知識経験を解きほぐし・・・・・・・・・・・・・(解体)
             ⊃靴靴ぅ▲ぅ妊◆焚魴荳)に組み直すこと・・・・・・・・・・・(結合)

             従いまして独創的思考とは“絶えず解体結合”が繰り返されることと言われます。更にスピードを要望されますから、瞬時に出せる自主訓練が必要です。
             

            2、独創力を阻む3つの壁(無意識に出る)
             認識の壁・・・・・・・問題を切り離せない等々
             文化の壁・・・・・・・知識のありすぎ等々
             感情の壁・・・・・・・馬鹿にされる、焦り等々
             

            3、独創的天才の特徴に学ぶ(訓練ポイント
             〔簑蠅梁減澆剖砲瓩読甸
             ▲▲ぅ妊△凌瑤出る(先を読む)
             J析力が優れている(独創力とは違うもの)
             ち躪舂呂優れている(連想の働き)
             ヂ梢佑離▲ぅ妊△鮠綣蠅利用する
                              ・・・・等々
             

             天才(身近にいる事も有る)がどのような考え方をしたかを知り、その事を訓練によって伸ばす事が必要と聞いています。また若い社員は自分の持っている能力に磨きを掛けていけば、他人の追従を許さない“将来光り輝く人”に自主訓練次第でなれるでしょう!!
             私の反省から“基本は若い内に自分に自分で叩き込め!”と言う事です。
             
             何故か偉そうに文字を2回に渡り並べました。
             本当はブログのテーマ不足です。
             
             詳細は口頭で付け加えながら伝達テーマメンバー(製造用語に見る改善)に教えられた内容を伝えていますから先生は身近にいますよ!!

             ※梅雨らしい天気が続きます、お互いに体調に気を遣い乗り切りましょう





             天才は1のひらめきと99の汗、とも言います。
             自分に足りないと思ったことは、他の誰かを見本に真似ていけばいいことですし、逆に自分にできる事は他の人に教えていくことが大切です
             見えない努力を積み重ねて、人間として大きく成長したいですね


             明日は毎週日曜日にお送りしている「ありがとうメッセージ」!
             福島営業所の門間からの「ありがとう」です 見に来て下さいね
            blogram投票ボタン ←ブログランキング参加中! よければクリックして下さい。
            0
              | 技術部:氏家 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              考える基礎ポイント
               いらっしゃいませ!

               今日3月10日は語呂合わせで「砂糖の日」や「ミントの日」、「サボテンの日」、「水戸の日」、「佐渡の日」など様々な記念日になっているようですね
               気にしなければいつだって同じですが、きっと毎日が大切な一日です。
               あなたにとって今日一日も、何かかしらの区切りにできたらいいですね


               さあ、今日は技術部の氏家が担当致しますよ〜

               ujiie

               技術部 氏家です
               
               今月は新年度を来月に控えて、自分を自分で育てる事を年度の密かな参考目標になればとテーマを独創力としました。
               
               なぜ選んだかと言いますと、自分を振り返ると頭の中に記憶として有りながら普段意識をしない、意識しないから努力も無い、全く自己訓練不足で何ら効果を見出して来なかった実態が有ると反省するからです。
               
               若い人達(我が社の人も社外の人も)は多くの可能性を秘めています。
               自己訓練をする事により独創力に磨きが掛けられる!
               感じたら動いて下さい!何かが掴めるかも知れません?
               自分が若い時に伝えられた考える基礎ポイントを2〜3点上げてみます
               
               
               1.人間(我々)の持つ精神力
               精神力は吸収力(観察し、注意を注ぐ)と記憶力(覚え、思い出す)。
               この力で学び推理力(分析し、判断する)と独創力(アイデアを引き出す力)。この力で考えると云われています(注意:私の考えでは有りません何方かの教えです。以下同じ)。
               
               2.推理的問題と独創的問題
               ※推理的問題は“ここが問題”と云う形で表れて来ますが、理詰めで押すと答えが出て来る問題、しかも答えは1つ、それだけが正しいと云う問題。
               ※独創的問題は“困った、どうしよう”と云う形で表れ問題の所在が曖昧、問題の解決には独創力が必要になります、アイデアの形で答えがポカ!と飛び出して来ます
               然しながら答えは沢山有り、どれが正しいとも云えない。更にまだもっと良い答えが出るかも知れないと云う問題。
               
               3.独創力それは人間に残された最後の物?
               自分が伝えられた時より現時点では様々な分野で機械が発達しています。しかし新しいアイデアを生み出す機械はまだ無いと私は考えます。
               新しい草案や工夫は人間の頭の働きに頼らなければ生まれて来ない(今後、将来は分かりません。でもそう有りたい?)。
               「人(自分)の頭を記憶の倉庫にしたり、機械の方がはるかに良く出来る事まで人(自分)がやる事は自分で自分を粗末にしている事だ!もっと考えろ!!」とよく人生の諸先輩から云われたものです。
                
               
               私は製造関係で育ち、今は営業関係に身を置いていますが、営業はことさら独創力が必要では無いかと考えています。皆様はどう考えますか? の前で何故か? 

               突然ですが、ここで打ち切り続きは次回のテーマにします。
               興味のある方はお問い合わせ下さい。





               人間は考える頭があるからこそ、ここまで発展してきました。
               ただ頭を使わなければ、非力な何よりも弱い生き物です
               常に考えて行動していくことを忘れてはいけませんよね!
               皆で知恵を出し、予想よりもはるかに良いものを創りあげていきましょうね


               明日は毎週日曜日の「ありがとうメッセージ」ですよ
               今回は北上営業所の横沢が担当致します!  見て下さいね
              blogram投票ボタン ←ブログランキング参加中! よければクリックして下さい。
              0
                | 技術部:氏家 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                新年の御挨拶:技術部 氏家
                 いらっしゃいませ!

                 お正月中眠っていた機械やパソコンを起動されていることでしょう。
                 機械も、それを操る皆さんも気合は入っていますか?
                 今年は新年早々、良いスタートダッシュをしていきたいものですね


                 本日は技術部の氏家から新年の御挨拶をさせて頂きます

                 ujiie

                 技術部氏家です

                 旧年中は東日本大震災直後から会社の皆様、また、自分に関わる多くの皆様に物心両面からの支援を頂いた事に感謝します。
                 大変お世話になりました。

                 人間には止められない大災害でしたが、津波も人間の絆まで押し流す事は出来なかった。町の様子は通常に戻りつつ有り、話題も色々な人の関わりや絆の明るいニュースが多くなりました。

                 今年は人間には止められない良い何かが起きる事を願い、また、自らは小さな事でも前に進められる様に、決して後退はしない様にこの1年努めます。

                 新年では有りますが、年度ではまだ活動途中のテーマがあります。お互いに年度目標に向かいスパートをかけていきましょう!!
                 そして新しい企画立案行動に頑張りましょう!!

                 
                 今年は辰年。『動いて伸びる』、そして『整う』と云う意味もある様に聞いています。
                 悪い事は全て昨年起きたと考え、今年は前向きに龍が地から天にあがるあの力強い姿にあやかれる様に1からのつもりで業務に、また居住地域の震災復興に取り組みます。

                 旧年同様に皆様のご指導ご鞭撻を宜しくお願いします。





                 明日は営業推進部の菅原からのご挨拶をお届け致します
                 宜しくお願い致します。
                blogram投票ボタン ←ブログランキング参加中! よければクリックして下さい。
                0
                  | 技術部:氏家 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  お客様は先生!
                   いらっしゃいませ!

                   この業界にいると、様々な方とお会いする機会があります。
                   モノづくりに関わる仕事に、実は人と人とのつながりは欠かせません。
                   色んな人と会い、その方から色んなことを教わり、お互いに成長できます
                   出会いをムダにはせず、お互いに支えあっていければいいですね


                   さあ、今日は技術部の氏家が担当致しますよ

                   ujiie

                   技術部氏家です
                   
                   今年度に入り、ちょっと嬉しいことが有りました。
                   
                   一般活動の中で見れば何でも無い出来事です。
                   それは長い事接点が無かったお客様と再度接点が出来た事、また、若い頃の自分の趣味を記憶して貰っていた事です。
                   自分としてはお客様には失礼ですが、旧知の仲と思える出来事を上げてみます。
                   
                   若い頃にお客様と一緒に一つの案件を立ち上げて、お互いのアイデアを出し合い、お互いを認め合い作業をこなして居れば、事情は様々と思いますが、長い間接点が無い状態でもお互いに思い出し、また一緒に仕事をする機会に恵まれたと言う事例です。
                   
                   
                   若い頃と同様に四苦八苦しましたが案件は落ち着いた様です。
                   今回は私の立ち位置が違いますので、若い社員へ伝達の意味合いも含めて設計から進め想定外の時間と費用がかかり、苦い伝達案件となりました。
                   それも体験で反面教師。懲りずに若い社員は再トライして大きく伸びて欲しいと考えますし、期待しています
                   
                   同様に3月の東日本大震災後に見舞いの電話を頂きましたお客様に、若い頃やり取りした趣味を思い出して頂きました。
                   先日伺った時に、本場のさつき盆栽を五鉢も頂きました。
                   本当は小型トラックで届けようと考えていたそうが忙しくて来れなかったそうです。
                   「忘れずに今日持って帰る様に」と準備されていました。
                   それは今まで手塩に掛けて来た状態が良くわかる、自分に取っては立派な盆栽です。
                   手持ちの盆栽が津波によって塩害が出ているので、ことさら心遣いが嬉しく感謝でした。
                   
                   頂いた盆栽をすべて持ち帰るのは欲張りと思い、営業所にもお裾分けしました。
                   機会が有れば見て下さい。さつき盆栽ですから花の咲く頃が良いと思います
                   
                   通常業務の中でお客様は先生です。
                   過去の事でも思い出す力がある間は、現在もお客様のアイデアを活用させて貰う機会が多々有ります。
                   自分は製造関係にいる時から、仕事上ではお互いに会社の代表であり五分と五分の立場を取って来ました。
                   日頃の中でその場しのぎのいい加減な対応をしていればお客様の心に残らない。ましてや存在感など生まれる筈が無い。思い出しても貰えない人間に成る。
                   それとは逆に相手の立場を考えた自分なりの誠心誠意で対応すれば、お客様も様々なアイデアを教えてくれます。


                   問題はその場その場で感じるか?感じないか?です。

                   
                   お客様は先生!その道のプロです。その事を生かすも殺すも教えられた人しだいです。

                   
                   私は自分が取って来た行動・考えに大きな間違いが無かったとちょっと嬉しく感じた出来事でした。






                   仕事でもプライベートでも、親密になってこそ初めて出来る深い話というのがあります。その深い話をした分だけ、成長できるのかもしれませんね
                   お互いが尊敬しあえる、大切にしあえる関係。そんな関係を植松商会が一つでも増やしていけるよう、日々頑張ってまいります


                   明日はメーカー・仕入先様からの応援メッセージを掲載致しますよ
                   電気機器メーカー・三菱電機様からのメッセージ。お見逃しなく!
                  blogram投票ボタン ←ブログランキング参加中! よければクリックして下さい。
                  0
                    | 技術部:氏家 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    我慢強く、粘り強く!
                     いらっしゃいませ!

                     今日は朝から雨とはいえ暑いですね。
                     2か月前には雪が降っていたのがウソのようですね。
                     まだ避難所での不自由な生活を送られている方も少なくないでしょうが、早く元の生活を取り戻せればいいな…と切実に思っています。
                     

                     さあ、今日は技術部の氏家からのメッセージですよ

                     ujiie

                     今年度もお世話になります。技術部・氏家です。
                      
                     大地震で被害を受けられた方々へ心からお見舞い申し上げます。
                     

                     東日本大地震発生から2か月以上経過しましたが爪痕はまだまだ大きいです。
                     しつこいようですがまたその話題です。
                     

                     3月11日の大地震は八戸営業所内で受け、津波の心配もあり、営業所内は被害が少ない事から仙台への帰路に。ガソリンを心配しながら移動しました。
                     
                     軒並み停電でガソリンスタンドを閉める中で、小さなスタンドが手動で補給してくれました。
                     価格も普通。「困った時はお互い様」と笑顔でした。感謝をすると共に、北国の人の良さも改めて感じました。
                     

                     私は8年前にも自宅の屋根瓦が落ち、壁面は大きなひび割れ、家の中は戸棚の中が飛び出し壊れる被害に遭いました。
                     
                     その当時、私は地元の消防団員を務めており、0時過ぎの1回目の地震では家の周りには大きな異常は無く、地域の巡回に出かけ、ライフライン確保して明るくなったらと再集合を掛けて解散、2回目の7時過ぎの地震は巡回中、または撤去作業をする我々の目の前で塀は倒れ、家までもを崩壊しました。
                     
                     家に戻れば状況を見て唖然とするしか有りませんでした。しかし揺れの被害だけでした。
                     
                     比較して今回の大地震は地震の揺れより、まさかと思っていた観測史上初と云われる大津波が我が家まで押し寄せて来ました。
                     津波の発生した時間帯は車で移動中、また長く停電が続きましたので映像でも当初は怖さが実感出来ませんでした。
                     

                     数日後、地域の消防団巡回テントに立ち寄り、元仲間の被害状況を聞きました。
                     私の所属していた分団は海も川も有りますので家を流されたり、一度に4人の家族を失った団員もいました。
                     しかし、消防団員の使命感に燃え、「気落ちしてもしょうがない!」「笑うしかない!」と出動して任務に当たっていました。
                     この心意気が有れば復興は可能と感じました。
                     
                     電気が通じ被害状況を映像で見て、また、被災後に片付けを手伝い、お客様状況確認に女川町まで行き・・・直接目で見ると恐ろしい状況、わが身で考えると同じく被災しても幸運な方というのを実感します。
                     また、会社という行く所があって、何かと社員の皆様に気遣いして貰い心強い限りと同時に感謝しています。
                     合わせて4月7日の余震が大きい余震の終りである事を願うばかりです。
                     
                     何処から流れて来たのか大量の瓦礫、それに長靴を越えるヘドロの深さ、個人ではとても手におえる量では有りません。
                     復旧は長丁場です。
                     個人では少しずつ自宅周りの作業を進めて来ました。
                     大量の瓦礫、ヘドロは行政の対処に期待をして待つしか有りませんが、少しずつですが片付いて来ています。また避難所での炊き出し手伝い、集団移転問題等の地域の将来に付いて話し合いに出席、微力ですが動き始めました。
                     
                     我が社も大きな被害を受けましたし、私より大きな被害を受け家族を亡くした社員もおります。
                     会社、また、個人的にも早く通常に戻れるようにお互いに協力して頑張っています。
                     お客様の中にも大きな被害を受けても既に復旧に向けて頑張っていらっしゃるところも多く見受けられます。
                     
                     東北人独特の無口で我慢強く粘り強い精神でお互い復興に頑張りましょう!!
                     そしてまた業務上では設備資材の供給も復興支援、必要な時に必要なだけ供給出来る様に、仕入れ先様と一体となった支援情報収集を進めて行きますので宜しくお願い致します。 






                     前に向かって進むもよし、立ち止まるもよしです。
                     でも、この震災後にみんなが前向きに進んでいる中、自分だけ立ちすくんでなんていられませんよね!! 前に進むしかないんです。
                     改めてみんなで想いを一つにして、この難局を乗り切っていきましょうね
                     

                     明日はメーカー・仕入先様からの応援メッセージの日です
                     NTN様からメッセージが届いています!  見逃さないで下さいね
                    blogram投票ボタン ←ブログランキング参加中! よければクリックして下さい。
                    0
                      | 技術部:氏家 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>
                      + LINKS
                      株式会社 植松商会 UMiDaS
                      + SELECTED ENTRIES
                      + CATEGORIES
                      講習会プロデュース04.gif
                      + ARCHIVES

                      + RECENT COMMENTS
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + PROFILE
                      + OTHERS






                      このページの先頭へ